|IBMソリューションデベロッパー|物流コンサルティング・ソ フトウェア開発・運用支援・SaaS/ASP お問い合わせ・資料請求
共栄情報システム株式会社
ホーム News & Event 製品サービス 導入事例 FAQ 会社案内
 
News & Event
すべての記事を読む
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2009年
2006年
 
ホーム > News & Event
image
news プレスリリース
2011.04.18

共栄情報システム株式会社
----------------------------------------------
IT機器で物流と運行を見える化「物流任せ隊」発足
----------------------------------------------
~ものづくりの街の3企業(共栄情報システム、シノジャパン、データ・テック)がコラボレーション、倉庫からお店までの物流と運行の「見える化」を実現!~

共栄情報システム株式会社(以下、共栄情報システム)、株式会社シノジャパン(以下、シノジャパン)、株式会社データ・テック(以下、データ・テック)の3社による営業的アライアンスとして「物流任せ隊」を発足、本日発表させて頂きます。

【発足の経緯】
従来、物流と運行は別々のシステムで管理され、物流倉庫の管理から、車両での配送、店着、荷降しまでの一連の動きは、個別で管理されることが殆どでした。そのような背景の中、物流システムを得意とする共栄情報システム、シノジャパンと、安全と環境に特化した運行管理システムを得意とするデータ・テックが、物流から運行までトータルに管理できるシステムが提供出来ないだろうか?という思いから、3社によるコラボレーションが実現しました。

【特徴】
①コスト削減を実現
物流、広くはサプライチェーンという枠組みの中で、運送業界は厳しい労働条件、コストダウン要求、労働者の高齢化、といった厳しい現実を抱えている。
IT機器を利用した業務改善:
ハンディターミナルなどのIT機器を活用し、倉庫でのピッキングから荷積み、荷降しまでの一覧の情報を管理し、業務の効率化や在庫の適正化を実現する。
事故予防と省エネ運転で経費削減:
佐川急便などで事故予防や省エネ運転に実績のあるセイフティレコーダを活用し、保険料や燃料際の経費を削減する。さらに穏やかな運転で輸送品質の向上を図る。

②「見える化」を実現
広く物流業界という視点で考えた場合、多品種少量、24時間への対応、安全・環境への取り組みといった、かつてない透明性の高い、スピードアップした物流業務が求められている。
通信機能を活用しリアルタイムに情報収集:
「携帯端末」「Wi-Fi」「Bluetooth」などの通信機能を活用し、荷物の状態や店着などの運行情報をリアルタイムに収集する。
見える化:
ドライバーの出勤から荷積・荷卸作業、運行、退勤までの一連の流れを一括にモニタできる。
倉庫での車両への荷積、お店での荷卸など、荷物の一連の流れを一括でモニタできる。

③アフターフォロー
導入から運用までをサポート
導入後の運用サポート
システムの設置から運用まで、当社スタッフが責任をもって対応させて頂く。
セミナーの開催
運用での悩みを解決し、導入効果を上げるために、講義および質問形式で開催する。

【今後の展開について】
【物流任せ隊】は、2011年5月11日より開催される「RFIDソリューションEXPO」内の「物流ITソリューションフェア」にて、3社合同ブースにて発表させて頂きます。

■共栄情報システム(株)会社概要■
〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-33-6
電話番号:03-3732-6001(代)
資本金:1,000万円
従業員数:30名(2011年4月現在)
設立年:1985年
代表者取締役:中山 晴雄(なかやま はるお)
主な事業内容:
お客様の課題、問題点を把握し最適な解決策の提案
パッケージの開発、販売、導入支援、業務指導、運用支援サポート、ASP
ユーザーサイドに立った使い易いシステムの開発(コンサルティングからシステム開発、業務指導)

■共栄情報システムの得意分野■
物流ITソリューション全般
在庫管理システム(WMS)・・・「new WH/400」「new Cool/400」など
運輸業務システム(TMS)・・・「UN/400」など
検品支援システム・・・積み込み、積み下ろし時のミス抑制
SaaS/ASPサービス・・・「KiSメイト」
IFRS対応物流システム         など

在庫管理システム(WMS)の「new WH/400」は、発売以来圧倒的導入実績をほこる、WMSパッケージのスタンダートです。その new WH/400 を軸に、運輸業務、無線ハンディターミナルと連動した検品支援システムなど、物流現場のきめ細かいニーズにお応えしてまいりました。また近年、SaaS/ASPサービスも展開。サーバーレス・月額利用の体系にて、弊社物流システムを多くのお客様にご利用いただいております。

■(株)シノジャパン会社概要■
<<東京オフィス>>
〒105-0012 東京都港区芝大門1-1-30 芝NBFタワー4F
電話番号:03-5408-8768(代)
<<武漢オフィス>>
中国湖北省武漢市東湖高新開発区華光大道慧谷時空1801室
電話番号:+81-27-8761-7557

資本金:9,500万円
設立年:1993年
代表者取締役社長:鄭 澤勇(てい たくゆう)
主な事業内容:
@Hywayを使用した、構内物流のロットのトレーサビリティ、流通における荷物の見える化、倉庫の在庫管理の支援。物流・流通管理システムの設計・製造・運用までニーズに合わせてトータルサポート。また中国へ展開を望んでいるお客様へのチャイナビジネスサポートを致します(4月には上海現地法人の設立予定

■シノジャパンの得意分野■
@Hywayとは、HTとWebサーバーの間をインターネットあるいは、携帯公衆網を介して繋ぐミドルウェアです。
@HywayサーバーとHywayブラウザの連携により端末をシンクライアント化。データーの一元管理を実現。
@Hyway3つの特長
1.レスポンスが早い
→(1秒以内の応答性実現)
2.堅固なセキュリティ
→(独自プロトコルとAES暗号化に加えて遠隔でブラウザの機能停止)
3.オープンな開発環境
→OS(Windows、Linuxなど)や端末の機種に依存しない。
SCM構築の要となるデーターコレクティングの基盤技術であり、クラウドコンピューティング(SaaS)の基盤技術でもある@Hywayは、新世代Webプラットホームです。

■データ・テック(株)会社概要■
〒144-0052 東京都大田区蒲田4-42-12
電話番号:03-5703-7060(マーケティング本部)
資本金:8,555万円
従業員数:70名(2011年4月現在)
設立年:1983年
代表者取締役:田野 通保(たの みちやす)
主な事業内容:
世界で初めて『バーチャルリアリティー用小型3軸角度センサー 』」を生み出し、そのセンサーの応用技術(加速度センサー・ジャイロセンサー・GPS等)を発展させて、世界初のドライブレコーダ『セイフティレコーダ®(SR)』を1998年に開発・製品化。約十年間で2度の世界初を生み出した会社です。「ものづくりの町」大田区で製品企画・開発から、販売、アフターフォローに至る全てを手がけています。『購入してからがお客様のスタート』と位置づけ、SRを『使いこなす』までのアフターフォローサービスを特色としています。

■データ・テックの得意分野■
◇セイフティレコーダⓇ
事故処理型ではなく、事故予防型のドライブレコーダ。「走る」「止まる」「曲がる」という日常の運転操作の傾向を元に、いかに「丁寧でやさしい運転操作」をしているかの観点で評価して、わかりやすく「点数化」し、ドライバー自身も気づかないような運転のクセを「見える化」します。
「丁寧でやさしい運転操作」の実践は、サービス品質の向上だけでなく、燃料費の削減や、メンテナンス費用、保険料の低下などにも結びつき、大きな経費削減効果を生み出すことが期待できます。


◇SR点呼システム:「アルコールチェック」「乗務前・中間・乗務後」の各点呼の実施から、点呼記録簿作成まで、点呼をオールインワンでサポートします。
◇SRネットワークサービス:ASPサービスでセイフティレコーダ®の解析ソフトを提供します。運行データの一括管理や複数営業所のデータを簡単に集約できます。


spacer
[ページの上へ]